ベトナム経済・ビジネス情報サイト
× 閉じる
文化・社会

バクニン省(Bac Ninh)の基本情報│ベトナム63省を徹底解説

運営会社について
このメディアは、ベトナムビジネスの経営課題を解決する
ベトナム特化コンサルティング会社、ONE-VALUE株式会社によって運営されています。

無料のお問合せはこちらから

バクニン省の特徴

本レポートでは、ベトナムのバクニン省の概要を網羅的に解説する。

地理

バクニン省はベトナムで最も小さな省であり、紅河デルタ地帯にある。同省は、ベトナム北部重要経済地域と、ハノイ・ハイフォン・クアンニン経済三角地域に位置している。また、同省は首都の北東への玄関口でもある。 

人口

2021年、バクニン省の人口は1,462,945人でベトナム国内22位、そのうち都市人口は536,149人(36.6%を占める)、農村人口は926,796人(63.4%を占める)である。同省の人口密度は1,778人/km²である。 

バクニン市 出所:Baochinhphu

労働資源と平均給与

バクニン省は若年層が多い地方で、15歳以上の人口層は665,236人で、2020年の省内総人口の64.93%を占めた。 

バクニン省の地域最低賃金は416万ドン /月(地域II)である。 

インフラ

道路: バクニン省は、国道1A、1B、国道18、国道38など多くの主要な国道が通っており、道路交通に便利な立地である。また、ハノイ-ランソン鉄道、ハノイ-クアンニン鉄道が通っており、同省とベトナム北部の省を結んでいる。同省は、近隣の省および省内の地区へ向かう多くのバス路線もある。 

空路: バクニン省はハノイのノイバイ国際空港に近く、バクニン市からノイバイ国際空港までは国道18号線で約30kmである。 

水路: バクニンには、Cau川、Duong川、Thai Binh川の3つの川が流れている。 

産業の強み

観光: バクニン省には紅河文明に関連する長い歴史がある。現在、バクニン省では年間約41の祭りが開催されている。また、青銅鋳造、宝石作り、陶器作りなど多くの伝統工芸がある。 

工業: バクニン省は紅河デルタ地帯の各省や他の省に農産物、建設資材、手工芸品などを供給している。同省は、工業団地、中小産業クラスター、工芸品の産業クラスターへの投資を誘致している。 

工業団地の数: バクニン省はベトナム北部で最も工業団地の数が多い3省のひとつで、15の工業団地がある。 

バクニン省の工業団地の家賃は約80∼100 ドル/m2/50年である。 

バクニン省で稼働している工業団地は以下の通りである 

工業団地名 面積 (ha) 主な事業内容 
Tien Son工業団地 449 電子産業、一般機械器具製造業、セラミック製造業
Que Vo II工業団地 270 電子産業、医薬品製造業、情報・通信産業 
Yen Phong I工業団地 658 電子産業、精密機械器具製造業、一般機械器具製造業、医薬品製造業、食料品製造業 
Thuan Thanh II工業団地 250 電子産業、一般機械器具製造業、鉄製品製造業、衣料品製造業、農林水産加工業、食料品製造業 

バクニン省の経済発展状況

本章では、バクニン省の経済を解説する。

経済成長

2021年のバクニン省のGRDPは133兆6090億ドンに達し、2020年に比べて6.9%増加した。バクニン省は2021年のGRDP指数において、紅河デルタで7位、ベトナムで13位となった。 

2021年、バクニン省の一人当たりGRDPは6,738ドルに達し、ベトナムで4位となった。 

経済構造: 2021年の産業別構成比は、工業・建設業が77.3%、サービス業が20%、農林水産業が2.7%となった。 

企業数

2021年末時点、バクニン省の企業総数は13,944社、新たに設立された企業数は2,368社となった。 

2022年6月時点で、バクニン省はベトナムで7番目にFDIプロジェクト数が多く、FDIプロジェクト資本規模が5番目に大きい省である。特に、Yen Phong工業団地は9兆8160億ドルと、ベトナムで最もFDI規模が大きい工業団地の一つである。バクニン省のFDIプロジェクトの80%が加工・製造業に集中している。 

バクニンの工業団地 出所:Baochinhphu

投資誘致のプロジェクト

バクニン省は、工業(ハイテクを応用した電子産業、電子産業の支援産業)、農業(作物の集中生産地域)、商業施設、物流サービス、医療サービス、ヘルスケア、教育などの発展のために投資を集めている。 

バクニン省における日本企業の投資状況

2021年末までに、日本はバクニン省で電子部品製造、食品加工、機械工学の分野を中心に96件のFDIプロジェクト、総額15億5000万ドル以上を投資している。日本は現在、バクニン省において韓国に次いで2番目にFDIの投資総額が多い国である。 

バクニン省における日本からの投資資金によるプロジェクトの一部 

プロジェクト名 投資家 区分 投資年 
Float Glass Vietnam 日本板硝子株式会社(日本), 豊田通商株式会社(日本), Viglacera社(ベトナム) 製造・加工 2012 
Canonベトナム社 キャノン株式会社日本 電子部品の製造 2005 
Sumitomo Electric Interconnect Products Vietnam社 住友電気工業株式会社(日本) 電子部品の製造 2005 
Dainichi Color Vietnam社 大日精化工業株式会社(日本) プラスチック製造 2006 

関連情報

バクニン省の計画投資局 

ベトナム市場調査レポート一覧

ベトナム市場調査レポート一覧はこちらからもご覧頂けます。

ベトナム市場調査レポート一覧

ベトナム市場の情報収集を支援します

ベトナム市場での情報収集にお困りの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

VietBizは日本企業の海外事業・ベトナム事業担当者向けに市場調査、現地パートナー探索、ビジネスマッチング、販路開拓、M&A・合弁支援サービスを提供しています。

ベトナム特化の経営コンサルティング会社、ONE-VALUE株式会社はベトナム事業に関するご相談を随時無料でこちらから受け付けております。

ベトナム市場調査・情報収集ならONE-VALUE
資料サンプル

ベトナムに特化した経営コンサルティングのONE-VALUEはベトナム業界の最新動向、通常はアプローチできない企業や政府へのヒアリング調査、消費者向けにインタビュー調査がご提供可能です。

引用・転載について
本レポートはONE-VALUE株式会社の独自の調査及び
各種統計データにより作成されたものです。
記事・レポートを引用・転載する場合、本webサイトのリンクを貼りつけた上で、
VietBizの出所として取り扱いをお願いします。

VietBiz(ベトビズ)
What’s VietBiz
ベトビズってなに?

ベトビズは、ベトナムで事業を行う、あるいはこれから行う
全てのビジネスパーソンを支援するWebメディアです。

NEW無料ベトナムメールマガジン配信中

Vietbizでは毎週1回を目途に、ベトナムの経済・ビジネス情報をお届けする無料のメールマガジンを配信しています。
具体的には、新着レポート、編集部のおすすめレポート、ウェビナー等各種イベントの情報をお届けします。

登録はこちらから登録
タイトルとURLをコピーしました