ベトナム経済・ビジネス情報サイト
× 閉じる
文化・社会

カントー市(Can Tho)の基本情報│ベトナム63省を徹底解説

運営会社について
このメディアは、ベトナムビジネスの経営課題を解決する
ベトナム特化コンサルティング会社、ONE-VALUE株式会社によって運営されています。

無料のお問合せはこちらから

カントー市の特徴

本レポートでは、ベトナムのカントー市の概要を網羅的に解説する。

地理

カントー市はベトナム南部のメコンデルタ最大の都市で、中央直轄市である。ホーチミン市から169km、メコンデルタの各省から60〜190kmの距離にある。

カントー市は、ベトナムで4番目に面積が大きく、人口も4番目に多い。経済規模は5番目に大きい中央直轄市である。メコンデルタ最大の都市であるカントー市は、面積が1,401km2、ハウ川に沿って65kmにわたっている。

人口

2021年のカントー市の総人口は1,247,993人で、そのうち都市人口は876,923人(70.32%を占める)、農村人口は370,070人(29.68%を占める)である。カントー市の人口密度は858人/km2で、国の人口密度(290人/km2)の3倍、メコンデルタの人口密度(423人/km2)の2倍である。

カントー市の水上市場 出所:VNTrip

労働資源と平均給与

労働力人口の71%が15歳から64歳であり、経済発展のための人的資源という観点から見ると豊富な労働資源となる。

地域の最低賃金:最も高いのはファンティエット市(地域II)で416万ドン/月、最も低いのは地域IIIで364万ドン/月である。 

2021年の同市の労働者の平均所得は479万ドン/月で、ベトナムの労働者の高平均所得上位10都市に入った。

インフラ

カントー市はメコン川最大の支流であるハウ川(市内を流れる長さ65Kmの大河)の南岸にある。また、運河が密集しているため農業生産に便利である。

道路:ホーチミン-チュンルオン-ミートゥアン-カントー市の高速道路(154km)が開通した。ホーチミン-カントー間の移動時間ははわずか90分となった。

水路:カントー市には現在、ホーチミン-カマウ間とホーチミン-キエンルオン間の2つの水路が通っている。この2つの水路は、メコンデルタ地域全体の主要な水路である。また、カントー市には20,000トンまでの船舶を受け入れることができる海港システムがある。

空路:カントー国際空港は、ベトナム国内線と韓国、台湾、タイ、マレーシアなどの国際線を含め、年間300万〜500万人の旅客を収容することができる。

産業の強み

カントー市は、沖積層が規則的に堆積した自然環境に恵まれた土地である。これは、米、魚介類、特に果物の栽培を助ける要因となっており、カントー市は食品産業や農産物加工産業の発展にも力を入れている。 

カントー市には9つの工業団地があり、そのうち6つが稼動している。 

カントー市の優れた工業団地は以下の通り: 

工業団地名 面積 (ha) 主な事業内容 
Hung Phu I工業団地 262 電気・電子産業、一般機械器具製造業、化学工業
O Mon – Can Tho工業団地 600 食料品製造業、電気機械器具製造業、電子産業
Thot Not – Can Tho工業団地 600 食料品製造業
Tra Noc I工業団地 135 食料品製造業、一般機械器具製造業、金属製造業、電気・電子産業、機械部品製造業、木材製造業、化学工業
Tra Noc工業団地 出所:投資新聞

カントー市の経済発展状況

本章では、カントー市の経済を解説する。

経済成長

2021年のカントー市の総生産(GRDP)は、2020年に比べて2.79%減少した。農林水産業は1.12%増加、工業・建設業は10.70%減少、サービス業は0.79%増加した。

企業数

2021年末時点、カントー市の企業総数は9,622社、省内の新規設立企業数は1,283社である。

2022年7月時点において、カントー市は合計83のFDIプロジェクトを有し、登録資本金は2兆4700億ドル、そのうち実行資本は5億ドル近く(登録資本全体の24.4%を占める)ある。ほとんどのプロジェクトは主に貿易、サービス、加工業の分野で運営されている。

投資誘致のプロジェクト

カントー市は、メコンデルタの第2級物流センター、メコンデルタの貿易・機械サービス支援センターなどの主要プロジェクトへの投資を募っている。特に、ハイテク、クリーンな技術を持つ企業を優先的に選定・投資の誘致を行い、支援産業の発展を促進している。

カントー市における日本企業の投資状況

2022年上半期、カントー市は2つの外国直接投資(FDI)プロジェクトを誘致し、登録資本金は合計13億1500万ドルとなった。そのうち、登録資本金13億1000万ドル以上がO Mon II火力発電所プロジェクト(日本)の投資に関するものであった。 

カントー市の主要プロジェクトは以下の通りである: 

プロジェクト名 投資家 区分 投資年 
Takesho Food食品加工工場 タケショー フード ベトナム社 農産加工 2020 
水産加工場 マリンフーズ株式会社(日本)とViet Foods 社 水産加工 2019 

関連情報

  • カントー市の計画投資局 
ベトナム市場調査レポート一覧

ベトナム市場調査レポート一覧はこちらからもご覧頂けます。

ベトナム市場調査レポート一覧

ベトナム市場の情報収集を支援します

ベトナム市場での情報収集にお困りの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

VietBizは日本企業の海外事業・ベトナム事業担当者向けに市場調査、現地パートナー探索、ビジネスマッチング、販路開拓、M&A・合弁支援サービスを提供しています。

ベトナム特化の経営コンサルティング会社、ONE-VALUE株式会社はベトナム事業に関するご相談を随時無料でこちらから受け付けております。

What’s VietBiz
ベトビズってなに?

ベトビズは、ベトナムで事業を行う、あるいはこれから行う
全てのビジネスパーソンを支援するWebメディアです。

NEW無料ベトナムメールマガジン配信中

Vietbizでは毎週1回を目途に、ベトナムの経済・ビジネス情報をお届けする無料のメールマガジンを配信しています。
具体的には、新着レポート、編集部のおすすめレポート、ウェビナー等各種イベントの情報をお届けします。

登録はこちらから登録
タイトルとURLをコピーしました