ベトナム経済・ビジネス情報サイト
ベトナム経済動向環境、電力、ガス

ベトナム政府はPDP8原案を再度見直し:2050年までに温室効果ガス排出ゼロ目標

更新)

運営会社について
このメディアは、ベトナムビジネスの経営改題を解決する
ベトナム特化コンサルティング会社、ONE-VALUE株式会社によって運営されています。

ベトナム現地メディアVN Expressによれば、2021年11月10日、ベトナム政府は第8次国家電力マスタープラン(PDP8)原案を再度見直すことになった。

ベトナム商工省はCOP26の動向を踏まえると同時に、地域間の電力需給のバランス確保を行う目的で、PDP8の見直しを発表した。COP26でのベトナムの表明内容を基に、PDP8の動向、脱炭素の動きを今一度整理しておきたい。

COP26:2050年までに温室効果ガス排出ゼロ目指すことを表明

ベトナムのファム・ミン・チン首相は11月1日、イギリスで開催された国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)首脳級会合で、2050年までに温室効果ガスの排出量実質ゼロ(カーボンニュートラル)を目指すと表明した。

この目標はベトナム政府にとって非常に高い目標である。ご存知の通り、COP26では脱炭素を掲げる先進国と経済発展を重視する新興国との間で意見の隔たりがあった。

COP26にて各国首脳と話すチン首相 (出所)現地報道 Bao Anh Viet Nam

ベトナムはパリ協定に基づく温室効果ガスの削減目標として、2030年までに気候変動対策を実施しなかった場合と比べて国内の自助努力で9%(8,390万トン相当)削減、国際援助を加えて27%(2億5,080万トン相当)削減と掲げていた。

2050年のカーボンニュートラル達成がいかにベトナム政府にとって踏み込んだ内容であったかが伺える。

ベトナムの再生可能エネルギー市場については以下の記事でも詳しく解説しています。

電源構成から石炭火力発電の割合を削減へ

ベトナム商工省が2021年9月に公表した第8次国家電力マスタープラン(PDP8)草案では、新たな石炭火力発電所の開発計画に制限を設け、国内の電源構成に占める石炭火力の割合を減らしていく方針が示されていた。風力や太陽光を中心とする再生可能エネルギーの発電容量で電力需要を賄う計画を立てている。

電力開発が進む一方で送電線不足が課題になっている (出所)現地報道 VN Express

ベトナム政府はPDP8草案を再び見直し

PDP8に関わるベトナム政府の関連機関は、11月5日の「国家電力計画2021-2030、ビジョン2045(電力計画VIII)」に関する会議で、副首相レ・バン・タン(Le Van Thanh)が結論を発表したばかりであった。

元を辿れば、2021年の初め、ベトナム政府の指導者たちは、商工省がPDP8計画を改訂し、管轄の機関に提出した後、PDP8の計画をすぐに実行に移すことを要求した。PDP8は2021年以降、ベトナムの電源開発の計画を定める基本的なマスタープランであり、既に2021年であるのにマスタープランが策定されていない状況となっていた。

そして、9月になってようやく正式な公表が見えていた矢先であった。2021年10月初旬には、商工省はベトナム政府にPDP8草案を提出したばかりだ。

ベトナム商工省大臣 Nguyen Hong Dien氏 (出所)BBC News

現地メディアの公表によれば、商工省は地域(北部、中部、南部)における電力の需給バランスを最大限に確保する必要を主張している。

電源開発が進む中で、送電線不足が課題となっている現状を受けて、既存または建設中の送電線の合理的かつ経済的な投資の必要性を強調した。

COP26で公表されたベトナムの2050年までのカーボンニュートラルのコミットメントを受けて、商工省もPDP8への見直しを余儀なくされた。

ベトナム政府:石炭火力発電の開発に慎重

ベトナム商工省はPDP8で承認される電力プロジェクト、及び優先プロジェクトの基準もより明確にする見通しだ。国内の電力系統と各地域の電力系統のパワーリザーブのレベルを慎重に評価し、電源の比率が全体の100%に達しない場合、電力供給を確保するための管理計画を考慮に入れた。

レ・バン・タン(Le Van Thanh)副首相は、投資家がいない、又は既存の投資家が継続の意思を示していない電力プロジェクトは実現可能性が低いため、慎重に検討することも要請している。今後、ワークショップの開催を通じて、ベトナム国内外の専門家、科学者によって広く議論され、公表される必要があると述べた。

先に公表されているPDP8草案では、石炭火力発電所の建設について、既に計画が進行している案件以外の新たな開発は認めない方針を示されている。

COP26に出席するチン首相 (出所)現地報道 Tuoi Tre

脱炭素、カーボンニュートラルの動きは着実に前進

ベトナム政府の電源開発は2050年のカーボンニュートラルを目指して、今後再生可能エネルギーの開発に重点が置かれる方針だ。慢性的な電力不足が続くベトナムでは石炭火力発電の開発に頼らざるを得ない側面もあった。今後はCO2を回収し、多様な炭素化合物として再利用(リサイクル)するカーボンリサイクルも注目されるのではないか。

信頼のおける電力事業者から電力需要者が電力を直接購入できるDPPA制度の導入も本格的に議論されている。

ベトナムの再生可能エネルギー開発、脱炭素、カーボンニュートラルの動きはゆっくりではあるが、着実に前進している。

ベトナム市場調査レポート一覧

ベトナム市場調査レポート一覧はこちらからもご覧頂けます。ベトナムに関わるビジネスパーソン向けの各業界の分析レポートを多数掲載しています。

ベトナム市場調査レポート一覧

ベトナムでのビジネス成功のコツ

将来の成長ポテンシャルが大きいベトナム市場。ベトナム市場の有望性は感じていても、「実務上は様々な課題がたくさんある」という意見も少なくありません。

ONE-VALUEはベトナム特化の経営コンサルティング会社として、日本企業の抱える課題解決を行います。

ベトナムの市場調査を行いたい、消費者向けの調査を行いたい、ベトナム企業の情報を収集したい、現地パートナーを探索したい、ベトナムでM&Aを行いたい、その他ベトナム進出や事業拡大、投資に関する日本企業の課題をONE-VALUEは解決します。

メリット① ベトナム特化のコンサルティング会社

ONE-VALUEはベトナムだけに特化しています。ベトナム大手企業役員、有力未上場企業マネジメント層、地方政府・中央政府の高官、有識者、ベトナム消費者にアプローチ可能です。

メリット② 日本企業のニーズに柔軟対応

市場調査やM&Aから、スポットでの情報収集(スポットコンサルティング)まで幅広いニーズに応えたコンサルティングサービスを柔軟に提供します。

メリット③ 今後の有望セクターに注力

ベトナムはこれまで製造拠点として見られてきましたが、経済発展に伴う中間層・富裕層の拡大に伴い、消費市場として注目されています。ONE-VALUEはエネルギー・環境、ヘルスケア、IT、日用消費財、小売、食品、教育といった有望セクターに注力しています。

最後に

ベトナムビジネスの課題解決のプロフェッショナル集団であるONE-VALUEは日本企業のベトナムビジネスを支援します。ベトナムビジネスで課題をお持ちの方は是非ご連絡ください。随時相談はこちらから受け付けております。

What's VietBiz
ベトビズってなに?
Vietbizはベトナムで事業を行う、あるいはこれから行う
全てのビジネスパーソンを支援するWebメディアです。
タイトルとURLをコピーしました