ベトナム経済・ビジネス情報サイト
× 閉じる
デジタルマーケティング・web広告SNSEC

ベトナム市場でのマーケティングはMTよりもTTが推奨される理由

更新)
ベトナム市場でのマーケティングはMTよりもTTが推奨される理由
ベトナム市場でのマーケティングはMTよりもTTが推奨される理由

運営会社について
このメディアは、ベトナムビジネスの経営課題を解決する
ベトナム特化コンサルティング会社、ONE-VALUE株式会社によって運営されています。

はじめに

Eコマースは活況を呈しているが、ベトナムのTTは依然として小売業界で大きな役割を果たしている。したがって、近代的な貿易よりも、ベトナム市場でのマーケティングはMTよりもTTが推奨される。

トラディショナル・トレード(TT)とは、伝統的な販売チャネルや小売慣行を指す。これは、大規模な近代的小売業者やスーパーマーケットなどの近代的小売慣行とは対照的である。

TTは通常、以下のような形態をとる。

  • 地元市場: 農産物、日用品、衣料品などの商品を販売する伝統的な露店や市場。これらの市場は、地元の消費者にとって重要な買い物場所となっている。
  • 路上販売: 路上や街頭で商品を販売することも、TTの一形態である。特に、食品、飲料、日用品が路上で売られることが多い。
  • 地元の小売店: 地元のコンビニエンスストア、小規模スーパーマーケット、個人商店もTTの一部である。これらの小売業者は、地元の消費者に商品を提供し、地元経済に貢献している。
  • 地元業者: 農村部や地方のコミュニティでは、地元の業者が商品を提供している。これらの業者は、地元の農家や生産者から商品を仕入れ、消費者に販売している。

TTは、多くの発展途上国や地域において、依然として主要な販売チャネルであり、地域の経済活動や社会とのつながりを支える重要な役割を果たしている。ベトナムの小売業界は、実店舗チャネルとオンライン販売の間の干渉に直面しているが、TT小売チャネルが依然として主流を占めている。

ベトナム市場でのマーケティングにおいて、MTよりもTTが推奨される理由を説明していきたい。

TTでマーケティングを行うべき理由

理由① 小売業ではTTチャネルが収益の大半を占める

ベトナムの小売業界では、TTチャネルが収益の大半を占めている。

Cong An Nhan Danニュース(2021年)によると、急速に変化するベトナムの消費財業界では、現在、伝統的な小売チャネルが売上の70~80%を占め、残りは近代的なチャネルが占めている。近代的な小売チャネルでは、eコマースの成長率は非常に高いが、そのシェアは低く、業種にもよるが、わずか3~5%である。

Statista(2023年) も同様の調査結果を示している。2022年、ベトナムの伝統的な貿易が主要な小売チャネルであり続け、小売売上高全体の67%を占めた。これに対してECによる売上は、同年のベトナムの小売売上全体の7.3%を占めた。

さらに、Phap Luat News(2023年)は、TMチャネルはマーケティング・キャンペーンを実施し、ブランド認知度を高めるための追加的なプラットフォームとして機能するだけで、TTチャンネルの代わりにはならないと述べている。

確かに、MTは増加傾向にあるがベトナム市場に限って言えば、上記の数字は、伝統的な小売チャネルが依然として国内市場で重要な役割を果たしていることを示している。

理由② アクセスの容易さ

TTチャネルはより広範囲にわたって展開されており、消費者がアクセスしやすい場所にある。ベトナムの多くの地域では、農村部や地方においてMTのインフラストラクチャーが不足している。ただし、TTチャネルは、あらゆる場所にある小売店のネットワークによって、さまざまな地域の多くの顧客にリーチすることができる。

例えば、 Q&Meの調査によると、MT施設はホーチミンやハノイのような大都市に多くある。一方、農村部では、近代的なスーパーマーケットやコンビニは見当たらない。

その上、ホーチミン市でも、コンビニのようMTの施設は中心部(1区、2区、3区、4区、5区、10区)や郊外に(Binh Thanh区、Tan Binh区、Go Vap区、Tan Phu区、Phu Nhuan区、7区)に集約している。  

2017年ホーチミン市におけるコンビニの数

すなわち、TTチャネルはベトナムの小売業界において重要な役割を担っており、その重要性がすぐに低下することはないだろう。 

理由③ 消費者の好みと習慣 

TTの短所

Vietbizの下記ページでは、「ベトナムマーにおけるケティング活動」を別途無料のお役立ち資料として配布しております。ぜひご活用ください。

まとめ

ベトナム市場でMTよりもTTが推奨される理由はたくさんある。まず、最近の統計によると、TTチャネルは小売業界を支配しており、総売上の大部分を占めている。第二に、TTチャネルはアクセスしやすいため、近代的なインフラが整っていない地域でも、MTよりも消費者へのリーチが広い。さらに、地元市場や小売店に対する文化的嗜好が深く根付いていることが、ベトナムの消費者の日常生活におけるTTチャネルの永続的な重要性を裏付けている。

とはいえ、TTには限界があるため、オムニチャネル戦略を通じて、市場でのさらなる成長と差別化の機会を追求することが重要である。したがって、企業は、ダイナミックなベトナム市場で持続可能な成功と収益成長を確保するために、TTとMTの両方の強みを戦略的に統合する必要がある。

What’s VietBiz
ベトビズってなに?

ベトビズは、ベトナムで事業を行う、あるいはこれから行う
全てのビジネスパーソンを支援するWebメディアです。

NEW無料メルマガ配信中

Vietbizでは、新着レポートやセミナーの開催情報などのお役立ち情報をお伝えするメールマガジンを無料で配信しています。是非ご登録ください。

登録はこちら申込み
タイトルとURLをコピーしました