ベトナム経済・ビジネス課題解決型メディア
ベトナム経済動向各業界の代表企業上場企業

ベトナム企業トップ25社の分析と将来予測(2021年版)

更新)

運営会社について
このメディアは、ベトナムビジネスの経営改題を解決する
ベトナム特化コンサルティング会社、ONE-VALUE株式会社によって運営されています。

はじめに
この記事で伝えたいこと
  • ベトナムの大まかな経済構造。今回紹介する25社のうち3分の1は銀行等の金融機関である。他にはメーカーが目立つ。
  • ベトナムの今後の経済を予測することは非常に難しい。このようなリストを含め、専門家の意見を基に注意深く注視する必要がある。

はじめに

本レポートでは、フォーブス誌が選定するベトナムのトップ企業25社を分析していきたい。このベトナム企業ランキングは2021年6月に公表されたこのであるが、弊社が各企業の特徴を加筆して、独自のレポートを作成した。25社の顔ぶれを見ると、金融機関とメーカーが特に目立ち、ベトナムの産業構造をよく表している。特に上位に加工食品メーカーが多いこともベトナム企業の特徴である。

PETROLIMEX (PLX)【1位】

ベトナム・ナショナル・ペトロリアム・グループ(Vietnam National Petroleum Group)は、石油やガスの精製を主とするベトナム企業である。

【概要】
主な事業は、ガソリン・ディーゼル油・航空燃料を含む石油製品・ガス製品の卸と小売である。小売の分野では、ガソリンスタンドをベトナム各地で運営している。子会社を通じた事業として、パイプライン関連事業と、石油・液化ガスの輸送も展開する。加えて、保険証券の提供、銀行、建設業も行っている。日本のENEOSはPLXの15%の発行済み株式数を所有し、同社の重要なパートナーである。

【会社のHP】 https://www.petrolimex.com.vn/

VINGROUP (VIC)【2位】

ビングループ(Vingroup JSC)は、幅広いカテゴリの不動産の建設と運営を展開するベトナム企業だ。

【概要】
商業用、オフィス用、住宅用の不動産を開発・建設し、賃貸・販売も展開する。また、Vinmec総合国際病院の運営に代表される医療サービス、VinschoolおよびVinUniversityといった教育サービスも提供する。他にも自動車・携帯電話・ホテル・外食など、非常に幅広い多角化をしている企業である。

【会社のHP】 https://vingroup.net/EN 

ビングループの中核企業、ビンホームズについては以下の記事で詳細に分析している。

ベトナムの不動産ディベロッパー:ビンホームズとノバランドを徹底分析 | VietBiz(ベトビズ)

Mobile World Investment Corp (MWG)【3位】

モバイル・ワールド・インベストメント(Mobile World Investment Corporation)はコンピューター等電子機器の小売業を展開するベトナムの会社である。

【概要】
DienmayXANH.com、thegioididong.com、BachhoaXANH.com、といった、ECや実店舗チェーンを運営する。Dienmayxanh.comは、白物家電から小型の生活家電まで、幅広い電化製品の小売に特化している。Thegioididong.comは、スマートフォンやタブレット、PC、および各種関連するアクセサリーまで扱っている。BachhoaXANH.comは打って変わって現代的なスーパーマーケットと食料品店のチェーンだ。

【会社のHP】 https://mwg.vn/eng 

Hoa Phat Group (HPG)【4位】

ホア・ファット・グループ(Hoa Phat Group JSC)は、鉄鋼分野を中心とする事業を展開する、ベトナム企業である。

【概要】
鋳鉄や、製鋼材料および鋼製図機械を製造する。産業部門では、建設および鉱業用の車両・電化製品・家具の製造販売も展開する。農業部門では、養豚および養鶏・食肉加工や、飼料・肥料等の製造を展開する。不動産部門では、賃貸および販売用の住宅およびオフィスビルを開発および建設する。

【会社のHP】 https://www.hoaphat.com.vn/en 

Masan Group (MSN)【5位】

マサン・グループ(Masan Group Corp)は、食品加工業を中心に展開するベトナム企業である。

【概要】

関係会社と密に連携しながら、飲食料品の流通製造や、畜産業を展開する。また、鉱業や小売業なども展開する。製品には、調味料全般、インスタントラーメン、加工肉食品、清涼飲料水、コーヒー、アルコール飲料、洗剤など幅広い飲食料品や必需品がある。鉱業事業は、タングステンを主に取り扱う。小売業では、スーパーマーケットとコンビニのチェーンを運営する。

【会社のHP】 https://www.masangroup.com/ 

マサングループについては以下の記事で詳細に分析をしている。

ベトナムの巨大コングロマリット:マサングループとは | VietBiz(ベトビズ)

PV Gas (GAS)【6位】

ペトロベトナム・ガス(Petrovietnam Gas Joint Stock Corp)は、ベトナムを拠点とする石油とガスに関連した事業を行う会社である。

【概要】
液化石油ガス、圧縮天然ガス、液化天然ガスなどの天然ガスおよび関連製品を供給する。ガス業界向けの製品と機器等の流通も行う。関連会社と連携して、ガスパイプラインの構築、ガス関連施設の建設・設置・保守も行う。加えてガソリンスタンドの運営も手掛けている。

【会社のHP】 https://www.pvgas.com.vn/ 

VINAMILK (VNM)【7位】

ベトナム・デアリー・プロダクツ(Vietnam Dairy Products JSC)は、特に乳製品の製造販売を主とするベトナム企業である。

【概要】
生乳、粉乳、加糖乳、ヨーグルト類、アイスクリーム、チーズなど、多種多様な乳製品の製造、卸売、小売を展開する。その他の製品には、豆乳やペットボトルコーヒー、ペットボトルジュース、その他ノンアルコール飲料もある。また、農業への支援も実施している。

【会社のHP】 https://www.vinamilk.com.vn/en/ 

VIETCOMBANK (VCB)【8位】

ベトコムバンク(Joint Stock Commercial Bank for Foreign Trade of Viet Nam)は、銀行業を営むベトナムの金融機関である。

【概要】

個人および法人両方の顧客向けに、多様な銀行サービスを提供する。その他には、信用保証、リースおよび証券取引まで行っている。関連会社を通じた投資銀行業務や、不動産事業まで展開する。日本のみずほ銀行は、ベトコムバンクの主要株主の一つである。

【会社のHP】 https://www.vietcombank.com.vn/ 

BIDV (BID)【9位】

コマーシャル・バンク・ファー・インベストメント・アンド・デベロップメント・オブ・ベトナム(Joint Stock Commercial Bank for Investment and Development of Vietnam)は、ベトナムの金融機関である。

【概要】
個人および法人顧客へ銀行サービスを提供する。個人向けサービスでは、ローン、カード、普通預金、送金などのサービスを提供する。法人向けサービスとして、信用保証、貿易金融、国際取引決済および外国為替サービスまで展開する。関連会社を通じて、証券仲介および保険業も展開する。

【会社のHP】 https://www.bidv.com.vn/ 

VIETTINBANK (CTG)【10位】

ヴィエティンバンク(Vietnam Joint Stock Commercial Bank for Industry and Trade)(Vietinbank)は、ベトナムの金融機関である。

【概要】

個人および法人顧客向けに銀行サービスを提供する。また、国際清算サービスや送金サービス、証券業も展開する。さらに、先物、スワップおよびオプションなどのデリバティブ商品も提供する。その他には、金融リース、保証サービス、保険および証券関連サービスがある。日本の三菱UFJ銀行はCTGの主要な株主の一つである。

【会社のHP】 https://www.vietinbank.vn/ 

Bao Viet Group (BVH)【11位】

バオベト・ホールディングス(BaoViet Holdings)はベトナムを拠点とする会社で、生命保険を中心とした保険業を展開する。

【概要】生命保険、健康保険、医療保険、損害保険など多様な保険商品を供給している。関連会社を通じて、証券仲介、投資銀行、投資アドバイザリーなど他の金融サービスも展開している。他には、証券取引や支払関連サービスがある。

【会社のHP】 https://www.baoviet.com.vn/ 

VPBANK (VPB)【12位】

ベトナム・プロスペリティー・ジョイント・ストック・コマーシャル・バンク(Vietnam Prosperity Joint Stock Commercial Bank)は、ベトナムの金融仲介業者である。

【概要】

個人および法人顧客への基本的な銀行業務の提供だけでなく、個人と機関投資家向けの短期・中期・長期のローンサービス、外国為替取引、国際貿易金融、債券の割引を含む商業銀行業務を展開する。また、証券と債券への投資、決済サービスおよび電子ウォレットサービスも手掛ける。VPBは日本の三井住友銀行と密接な協力関係があり、今後三井住友銀行はVPBの主要株主になるという見通しもある。

【会社のHP】 http://www.vpbank.com.vn/ca-nhan 

FPT Corporation (FPT)【13位】

エフ・ピー・ティー(FPT Corp)は、ベトナムを拠点とするコングロマリットである。

【概要】主要事業は大きく3つに分類される。テクノロジー分野では、金融、ヘルスケア、運輸、生活インフラに関連するサービスを提供する。加えてソフトウェア開発やコンピューター・その他電子機器の小売りも展開する。通信分野では、多様なサービスを提供するインターネットサービスプロバイダーであり、電子新聞・広告サービスなども展開する。教育分野は、小学校、中学校、高校、大学、電子大学の運営に加えて、その他専門性の高い内容の口座も展開する。

【会社のHP】 https://fpt.com.vn/en 

PV Power (POW)【14位】

ペトロベトナム・パワー(Petrovietnam Power Corp)はベトナムの発電事業者である。

【概要】水力発電所と、火力発電所での発電が主要事業である。発電所の建設から保守運用および補修までの一連のサービスを行っている。また、発電用タービンの交換部品の供給、電力会社向けの資源および機器の取引・輸出入も手掛ける。

【会社のHP】 https://pvpower.vn/ 

SABECO (SAB)【15位】

サイゴン・ビール・アルコール・ベバリッジ(Saigon Beer Alcohol Beverage Corp)は、主にアルコール飲料などの製造販売を手掛けるベトナム企業である。

【概要】事業として、ビールの醸造、麦芽およびその他原材料の醸造所への卸売、ソフトドリンクなどその他飲料の製造や、アルコールとワインの蒸留がある。また、関連会社と連携してビール、ワイン等飲料の卸売取引と小売も展開する。関連会社は、食品機械の製造・設置・保守や、缶・飲料の包装・容器の製造も展開する。

【会社のHP】 https://www.sabeco.com.vn/ 

Hoa Sen Group (HSG)【16位】

ホア・セン・グルーブ(Hoa Sen Group)はベトナムの鉄鋼会社である。

【概要】同社は亜鉛メッキ鋼製品、冷間圧延鋼コイルおよび他の鉄鋼製品の生産を主要事業としている。また、同社はプラスチック配管や、様々な建設部品も手掛ける。加えて、ホテル・レストランの運営、建設業および物流サービスも展開する。

【会社のHP】 https://www.hoasengroup.vn/ 

Vietnam Rubber Group (GVR)【17位】

ベトナムラバーグループ(Vietnam Rubber Group)は、天然ゴム関連事業で国内最大手の国営企業である。

【概要】天然ゴムの栽培・加工、ゴム製品のse製造販売、木製品の製造販売、工業団地の開発などが主要事業である。上場しているゴム関連企業を多く子会社として抱えている。Phuoc Hoa Rubber, Dong Phu Rubber, Hoa Binh Rubber, Tan Bien Rubber, Tay Ninh Rubberなどがある。 近年はゴムの価格下落により、ゴムの木の栽培用地を工業団地開発用に転換するなど、方針変更が見られる。

【会社のHP】 https://vnrubbergroup.com/ 

Military Commercial Bank (MBB)【18位】

ミリタリー・コマーシャル・ジョイント・ストック・バンク(Military Commercial Joint Stock Bank)は、ベトナムの金融機関である。

【概要】個人および機関投資家の両方に商業銀行サービスおよびデリバティブ商品を供給している。保険代理店としても操業し、関連サービスを提供する。債券や多様な有価証券の取引も行う。関連会社を通じて、より高度な金融投資事業も展開する。

【会社のHP】 https://www.mbbank.com.vn/ 

PV Technical Services Corp. (PVS)【19位】

ペトロベトナム・テクニカル・サービス(Petrovietnam Technical Services Corporation)(PTSC)は石油・ガスに関連したサービスと機器を供給するベトナム企業である。

【概要】主にタンカーを利用した石油貯蔵サービスを提供する。ガスの貯蔵タンクやパイプラインの建造も行う。加えて、地理学的調査と地図作製、船舶修理サービスというような専門性の高いサービスを多く提供する。同社はVietnam National Oil and Gas Group (Petrovietnam) の子会社であるが、同社自体もまた、10社を超える子会社を抱えている。

【会社のHP】 https://www.ptsc.com.vn/ 

TECHCOMBANK (TCB)【20位】

ベトナム・テクノロジカル・アンド・コマーシャル・ジョイント・ストック・バンク(Vietnam Technological and Commercial Joint Stock Bank)は、ベトナムの銀行である。

【概要】多様な口座サービス、輸出入に係る貿易金融サービス、国際送金、金融商品の仲介サービス、外国為替サービス、コーポレートバンキング商品を展開する。各種カードサービスや住宅ローン、個人ローン、当座預金口座、給与口座、国際送金などの個人向けサービスも手厚く行う。また、ATMおよびPOSシステムのカスタマーサポートも提供する。

【会社のHP】 https://www.techcombank.com.vn/home 

Vietnam Electrical Equipment JSC (GEX)【21位】

ベトナム電気設備株式会社(Vietnam Electrical Equipment JSC)は、電気設備関連事業に注力している企業である。

【概要】
電線・変圧器・検流計などの電気設備の製造販売を行う。他には物流、不動産、発電、水道などの事業を展開する。30年以上の知見を持つ巨大企業で、9兆ドン以上の時価総額を誇る。同社は工業生産とインフラという2つの分野における、持続可能な開発の追求に焦点を当てている。

【会社のHP】 https://gelex.vn/en 

Phu Nhuan Jewelry JSC (PNJ)【22位】

フーニュアン・ジュエリー(Phu Nhuan Jewelry JSC)は、ジュエリー事業を展開するベトナム企業である。

【概要】多種多様なジュエリー製品の製造・輸出入・販売を展開する。また、ジュエリー製造の原材料としての宝石や貴金属の取引・販売も行う。「PNJ Gold」、「PNJ Silver」、「CAO Fine Jewelry」等の自社ブランド製品も手掛けており、合計で約350の店舗を運営する。ジュエリー製品の鑑定も行っている。

【会社のHP】 https://www.pnj.com.vn/ 

A Chau Bank (ACB)【23位】

アジア・コマーシャル・ジョイント・ストック・バンク(Asia Commercial Joint Stock Bank)は、商業銀行サービスを提供するベトナムの金融機関である。

【概要】基本的な銀行のサービスはもちろん、消費者ローンや電子ウォレット等の個人向けサービスに注力している。一方で、国際決済サービス、貿易金融、保証サービス、外国為替取引等の企業向け銀行サービスも展開する。また、同行はコルレス銀行として世界中の複数の銀行と関わっている。

【会社のHP】 https://www.acb.com.vn/ 

TTC Sugar (SBT)【24位】

タン・タン・コン・ビエン・ホア(Thanh Thanh Cong – Bien Hoa JSC)(旧名:Thanh Thanh Cong – Tay Ninh Joint Stock Company)は、ベトナムの食品加工会社である。

【概要】
精製糖や糖蜜、その派生製品を製造・販売を手掛ける。加えて、サトウキビのプランテーションも管理しており、他の製糖メーカーに技術サービスを提供する場合もある。また、石炭やサトウキビ残渣からの火力発電や、肥料等の製造・流通も行う。

【会社のHP】 https://www.ttcsugar.com.vn/ 

HD Bank (HDB)【25位】

ホーチミン・シティ・デベロップメント・ジョイント・ストック・コマーシャル・バンク(Ho Chi Minh City Development Joint Stock Commercial Bank)はベトナムの金融機関である。

【概要】基本的な商業銀行業務、個人・法人向けのローンサービス、各種カードサービス、送金、信用保証や債権回収サービスも展開する。加えて、外国為替取引や株取引関連業務も行う。

【会社のHP】 https://hdbank.com.vn/ 

まとめ

本レポートでは、フォーブス誌が選定したベトナムのトップ企業を25社、改めて紹介した。25社の中では金融機関とメーカーが特に目立ち、ベトナムの産業構造を示唆する形となった。

このフォーブス誌の企業の選定は非常に優れたものであるが、このリストは2021年6月に発表されたものであるという点を留意しなければならない。ベトナムでは、ちょうどこのリストが発表された翌月の2021年7月に、新型コロナウイルスのデルタ株の蔓延が始まった。それを転機に、それまで回復傾向にあったベトナムの経済活動は再び停滞し、2021年内の見通しは不透明なものとなっている。もちろん、悪い要素だけでなく、都市部でのワクチン接種率が高いこと、農村部での移動制限が緩和されていることなど、ポジティブな要素も複数ある。つまり、ベトナムの2021年, 2022年の経済動向を予測することは非常に困難である。今後のベトナムの経済・ビジネスの動向は、是非ベトナムへの知見が深い専門家を利用することを推奨する。 ベトナムのコロナ禍については以下の記事で詳しく紹介しているので、是非参照いただきたい。

ベトナムでのビジネス成功のコツ

将来の成長ポテンシャルが大きいベトナム市場。ベトナム市場の有望性は感じていても、「実務上は様々な課題がたくさんある」という意見も少なくありません。

ONE-VALUEはベトナム特化の経営コンサルティング会社として、日本企業の抱える課題解決を行います。

ベトナムの市場調査を行いたい、消費者向けの調査を行いたい、ベトナム企業の情報を収集したい、現地パートナーを探索したい、ベトナムでM&Aを行いたい、その他ベトナム進出や事業拡大、投資に関する日本企業の課題をONE-VALUEは解決します。

メリット① ベトナム特化のコンサルティング会社

ONE-VALUEはベトナムだけに特化しています。ベトナム大手企業役員、有力未上場企業マネジメント層、地方政府・中央政府の高官、有識者、ベトナム消費者にアプローチ可能です。

メリット② 日本企業のニーズに柔軟対応

市場調査やM&Aから、スポットでの情報収集(スポットコンサルティング)まで幅広いニーズに応えたコンサルティングサービスを柔軟に提供します。

メリット③ 今後の有望セクターに注力

ベトナムはこれまで製造拠点として見られてきましたが、経済発展に伴う中間層・富裕層の拡大に伴い、消費市場として注目されています。ONE-VALUEはエネルギー・環境、ヘルスケア、IT、日用消費財、小売、食品、教育といった有望セクターに注力しています。

最後に

ベトナムビジネスの課題解決のプロフェッショナル集団であるONE-VALUEは日本企業のベトナムビジネスを支援します。ベトナムビジネスで課題をお持ちの方は是非ご連絡ください。随時相談は受け付けております。

What's VietBiz
ベトビズってなに?
Vietbizはベトナムで事業を行う、あるいはこれから行う
全てのビジネスパーソンを支援するWebメディアです。
タイトルとURLをコピーしました