ベトナム経済・ビジネス課題解決型メディア
銀行・金融その他業界

地方銀行はベトナム進出コンサルタントになれるのか:地銀のベトナム進出戦略

更新)

運営会社について
このメディアは、ベトナムビジネスの経営改題を解決する
ベトナム特化コンサルティング会社、ONE-VALUE株式会社によって運営されています。

本レポ―トのサマリー
  • 日系銀行のベトナム進出の形態は大きく5つあるが、その中でもベトナム現地のコンサルティング企業を設立する形が注目を集めている
  • 各都道府県の企業がベトナムに進出する現在、地域密着型の地方銀行による支援のニーズが高まっている
  • 地方銀行にもベトナム進出コンサルティングに関する深い知見と経験が求められている

はじめに

ベトナム経済が順調に発展する中で様々な業界がベトナムビジネスに注目しているが、その中でも金融機関、特に地方銀行のベトナム進出が相次いでいる。今回は、銀行がどのような形でベトナムに進出が可能なのかについて、解説していきたい。

外資銀行がベトナムに進出できる形態は大きく3つ

ベトナムにおける銀行業は投資法により「条件付き投資分野」に定められている。この法律に基づいて、日本を含めた外資の銀行がベトナムに進出する形態は大きく4つの形が存在する。

1:外資100%での現地法人(外資銀行)の設立

まずは外資100%での外資銀行の設立である。すでに進出している例としてはイギリスのHSBC(香港上海銀行)グループや、アメリカのCitibank(シティバンク)等がある。しかし100%外資で銀行を設立するには、3兆VND(1億3000万USD)以上の法定資本金が必要であること、さらに役員や定款に関する細かな規定をクリアすることがあり、非常のハードルが高いと言える。日本の金融機関で、ベトナムで外資100%の外資銀行を設立した事例はない。

2.ベトナムの国内銀行への資本参加

すでにベトナムにある銀行に対して、出資をする間接投資の形態である。日本の銀行では、みずほ銀行のVietcombankへの出資、三菱東京UFJ銀行のVietinbankへの出資、三井住友銀行のEximbankへの出資およびあおぞら銀行のOCBBankへの出資等の事例がある。出資を行うことにより専門家の派遣、両方の金融商品のクロス販売等が行えるようになった他、進出している日本企業へのより綿密な金融サービス(リテール、貿易支援、現金管理等)を提供できるようになっている。

3.外資銀行の支店の設立

国外の銀行の支店を設立する形態である。現地法人と支店とでは、現地法人は法人格を有し、自身で事業を実施できるのに対して、支店は法人格がなく、本社からの委任がなければ事業を実施できないという違いがある。日本の銀行の支店としては、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行等がある。

4.駐在員事務所の設置

本社より社員を派遣し、駐在員事務所を設置する形態である。駐在員事務所では直接的に利益を生み出す行為は禁止されているため、駐在員事務所が直接顧客にサービスを提供することはできない。よくある形態は、ベトナムの銀行の事務所内に「ジャパンデスク」を設置し、顧客からの相談への対応、無料コンサルティングを実施するケースである。この形態を選択するのは、各地域で顧客を抱えている地方銀行が多い。

5.外資銀行の子会社として、コンサルティング企業を設立

こちらも外資100%で法人を設立する形態であるが、銀行業ではなくコンサルティングサービスを行う企業を設立する形態である。こちらは近年注目されている新しい進出形態であり、大垣共立銀行がハノイ市に設立した「OKB Consulting Vietnam Co., Ltd.」や、東京きらぼしフィナンシャルグループが設立した「KIRABOSHI BUSINESS CONSULTING VIETNAM CO., LTD.」等の例がある。これらの現地法人は駐在員事務所とは異なり、利益を生み出す行為が可能であるため、有料のコンサルティングサービスを提供することも可能だ。

今こそ求められる地方銀行による企業への支援

日本―ベトナム間のビジネスが注目され始めた当初は、ベトナムに進出する日系企業は大企業がメインであった。しかし現在は47都道府県のスタートアップや中小企業を始め、様々な企業がベトナム進出を行っている。その中で、各企業はビジネスに関する相談や支援を受けられる信頼できるパートナーを求めている。そうした中で、ベトナム現地における地方銀行による支援のニーズが非常に高まっている。

ほとんどの企業は、その企業の本社がある地域の地方銀行をメインバンクとしており、日頃から融資以外の様々な相談を銀行に行っている。もしベトナム現地でもそのような支援が受けられるのであれば、企業にとってこれほど心強いことはないだろう。

一方、銀行にとって最もハードルが高い進出形態は、駐在員事務所の解説またはコンサルティング企業の設立である。駐在員事務所は設立手続きも簡単ではあるものの、直接有料サービスを提供することができない等の制限も多い。コンサルティング企業を設立する形であれば、本社と連携した融資サービスも提供しつつ、高品質のコンサルティングサービスも行うことができる。

とはいえ、コンサルティングサービスを提供するにはベトナムビジネスに対する深い知見と実務経験が必要である。そのためにはベトナムビジネスに詳しい人材の確保や、既存のコンサルティング企業との提携が不可欠であろう。

今後も地方銀行によるベトナム進出の戦略展開に注目が集まる。

ベトナムでのビジネス成功のコツ

将来の成長ポテンシャルが大きいベトナム市場。ベトナム市場の有望性は感じていても、「実務上は様々な課題がたくさんある」という意見も少なくありません。

ONE-VALUEはベトナム特化の経営コンサルティング会社として、日本企業の抱える課題解決を行います。

ベトナムの市場調査を行いたい、消費者向けの調査を行いたい、ベトナム企業の情報を収集したい、現地パートナーを探索したい、ベトナムでM&Aを行いたい、その他ベトナム進出や事業拡大、投資に関する日本企業の課題をONE-VALUEは解決します。

メリット① ベトナム特化のコンサルティング会社

ONE-VALUEはベトナムだけに特化しています。ベトナム大手企業役員、有力未上場企業マネジメント層、地方政府・中央政府の高官、有識者、ベトナム消費者にアプローチ可能です。

メリット② 日本企業のニーズに柔軟対応

市場調査やM&Aから、スポットでの情報収集(スポットコンサルティング)まで幅広いニーズに応えたコンサルティングサービスを柔軟に提供します。

メリット③ 今後の有望セクターに注力

ベトナムはこれまで製造拠点として見られてきましたが、経済発展に伴う中間層・富裕層の拡大に伴い、消費市場として注目されています。ONE-VALUEはエネルギー・環境、ヘルスケア、IT、日用消費財、小売、食品、教育といった有望セクターに注力しています。

最後に

ベトナムビジネスの課題解決のプロフェッショナル集団であるONE-VALUEは日本企業のベトナムビジネスを支援します。ベトナムビジネスで課題をお持ちの方は是非ご連絡ください。随時相談は受け付けております。

What's VietBiz
ベトビズってなに?
Vietbizはベトナムで事業を行う、あるいはこれから行う
全てのビジネスパーソンを支援するWebメディアです。
タイトルとURLをコピーしました