ベトナム経済・ビジネス情報サイト
× 閉じる
政治ベトナム一般概況

ベトナム次期国家主席にトー・ラム公安相が就任へ

運営会社について
このメディアは、ベトナムビジネスの経営課題を解決する
ベトナム特化コンサルティング会社、ONE-VALUE株式会社によって運営されています。

ベトナム次期国家主席にトー・ラム公安相が就任へ

5月18日 、ベトナム共産党中央委員会は、3月に辞任したボー・バン・トゥオン国家主席の後任として、トー・ラム公安相を次期国家主席に指名することに同意した。

1957年に北部フンイエン省で生まれたトー・ラム氏は、2010年8月に公安副大臣に任命され、2016年4月には同省のトップに就任した。2021年には政治局に再選し、反腐敗中央運営委員会、中央内政保護委員会、国防安全評議会、司法改革中央運営委員会で重要な役割を担った。 次期国家主席への指名は、5月20日から開催される次回国会で承認される見通しである。

チャン・タイン・マン・ベトナム国会副議長が新議長に指名

ベトナム共産党はまた、「違反と欠点」を理由に先月辞任したブオン・ディン・フエ氏の後任として、チャン・タイン・マン副議長を、新国会議長として指名した。61歳のマン氏は、2021年から国会副議長を務めている。

1962年に南部ハウザン省で生まれたチャン・タイン・マン氏は、故郷と隣接するカントー市で様々なポストを歴任した。カントー市行政委員長やカントー市党委員会書記を務めた経験もある。特筆すべきことは、国会議長として指名される条件とされる、ベトナム政治局での5年の任期を全うしていないことである。

また、5月16日には、政治局員兼書記局常務であったチュオン・ティ・マイ氏の辞任も発表されている。マイ氏は中央党委員会の書記局常任委員であり、4本柱からなる指導部ほかでは、ベトナム政界で最も重要な役職であった。

政治局には4人が新たに任命

マイ氏の辞任により、18人いた政治局は12人となった。この1年半の間に、2人の国家主席、国会議長、副首相、党経済委員会の責任者が辞任することとなった。一方で、マイ氏に代わり唯一の女性政治局員となったブイ・ティ・ミン・ホアイ氏を含む、中央執行委員4人が新たに政治局員に任命されている。

What’s VietBiz
ベトビズってなに?

ベトビズは、ベトナムで事業を行う、あるいはこれから行う
全てのビジネスパーソンを支援するWebメディアです。

NEW無料メルマガ配信中

Vietbizでは、新着レポートやセミナーの開催情報などのお役立ち情報をお伝えするメールマガジンを無料で配信しています。是非ご登録ください。

登録はこちら申込み
タイトルとURLをコピーしました