ベトナム経済・ビジネス情報サイト
ベトナム経済動向農林水産業

【図表で解説】ベトナムのコーヒー産業の動向とポテンシャル

更新)
【図表で解説】ベトナムのコーヒー産業の動向とポテンシャル

運営会社について
このメディアは、ベトナムビジネスの経営改題を解決する
ベトナム特化コンサルティング会社、ONE-VALUE株式会社によって運営されています。

ベトナムコーヒー市場の動向

ベトナムはブラジルに次ぐ、世界第2位のコーヒー豆輸出国である。アメリカ農務省の統計によれば、2019/20年度、世界のコーヒー豆輸出シェアで28.7%を占める首位ブラジルに次いで、ベトナムは21.8%のシェアを占め、コーヒー豆約150万tを世界各国に輸出している。国内生産量は増加傾向にあり、安定した生産量を近年でも維持している。
2018年、農林水産物の輸出額は国全体輸出額の約16%を占め、農林水産物の輸出額は世界で15位の規模であった。コーヒー輸出はベトナムの農林水産物輸出額の約10%を占めており、コーヒーはベトナムの主要な農林水産物の1つと考えられる。

ベトナムで栽培されるコーヒーの種類

ベトナムでは特にロブスタ種コーヒーの栽培が盛んである。ロブスタ種に限れば、ベトナムは世界全体のロブスタ種生産量の4割近くを占めており、世界第1位の規模だ。近年ではアラビカ種の生産量が増加傾向にあるが、コーヒー豆生産量のうち約95%はロブスタ種である。

ベトナムの地域別のコーヒー生産

コーヒー生産量が多い上位3省であるダクラク省、ラムドン省、ダクノン省はすべて南中部高原地域に位置しており、この3省にて国内のコーヒー豆生産の約8割近くを占めている。特に、ラムドン省はロブスタ種で全体の25.8%、アラビカ種で41.8%を占める一大生産地だ。

【図表】世界のコーヒー市場におけるベトナムの位置付け

【図表】ベトナムコーヒーの生産量と輸出量の動向

【図表で解説】ベトナムのコーヒー産業の動向とポテンシャル:生産量と輸入量の動向

【図表】コーヒー産業が盛んな地域

【図表で解説】ベトナムのコーヒー産業の動向とポテンシャル:コーヒー産業が盛んな地域

【関連記事】ベトナムの農業品についてはこちらの記事も合わせてご覧ください。

ベトナム市場調査レポート一覧

ベトナム市場調査レポート一覧はこちらからもご覧頂けます。ベトナムに関わるビジネスパーソン向けの各業界の分析レポートを多数掲載しています。

ベトナム市場調査レポート一覧

ベトナムでのビジネス成功のコツ

将来の成長ポテンシャルが大きいベトナム市場。ベトナム市場の有望性は感じていても、「実務上は様々な課題がたくさんある」という意見も少なくありません。

ONE-VALUEはベトナム特化の経営コンサルティング会社として、日本企業の抱える課題解決を行います。

ベトナムの市場調査を行いたい、消費者向けの調査を行いたい、ベトナム企業の情報を収集したい、現地パートナーを探索したい、ベトナムでM&Aを行いたい、その他ベトナム進出や事業拡大、投資に関する日本企業の課題をONE-VALUEは解決します。

メリット① ベトナム特化のコンサルティング会社

ONE-VALUEはベトナムだけに特化しています。ベトナム大手企業役員、有力未上場企業マネジメント層、地方政府・中央政府の高官、有識者、ベトナム消費者にアプローチ可能です。

メリット② 日本企業のニーズに柔軟対応

市場調査やM&Aから、スポットでの情報収集(スポットコンサルティング)まで幅広いニーズに応えたコンサルティングサービスを柔軟に提供します。

メリット③ 今後の有望セクターに注力

ベトナムはこれまで製造拠点として見られてきましたが、経済発展に伴う中間層・富裕層の拡大に伴い、消費市場として注目されています。ONE-VALUEはエネルギー・環境、ヘルスケア、IT、日用消費財、小売、食品、教育といった有望セクターに注力しています。

最後に

ベトナムビジネスの課題解決のプロフェッショナル集団であるONE-VALUEは日本企業のベトナムビジネスを支援します。ベトナムビジネスで課題をお持ちの方は是非ご連絡ください。随時相談はこちらから受け付けております

What's VietBiz
ベトビズってなに?
Vietbizはベトナムで事業を行う、あるいはこれから行う
全てのビジネスパーソンを支援するWebメディアです。
タイトルとURLをコピーしました