ベトナム経済・ビジネス課題解決型メディア
ベトナム経済動向農林水産業

【図表で解説】ベトナムのコーヒー産業の動向とポテンシャル

更新)

運営会社について
このメディアは、ベトナムビジネスの経営改題を解決する
ベトナム特化コンサルティング会社、ONE-VALUE株式会社によって運営されています。

ベトナムコーヒー市場の動向

ベトナムはブラジルに次ぐ、世界第2位のコーヒー豆輸出国である。アメリカ農務省の統計によれば、2019/20年度、世界のコーヒー豆輸出シェアで28.7%を占める首位ブラジルに次いで、ベトナムは21.8%のシェアを占め、コーヒー豆約150万tを世界各国に輸出している。国内生産量は増加傾向にあり、安定した生産量を近年でも維持している。
2018年、農林水産物の輸出額は国全体輸出額の約16%を占め、農林水産物の輸出額は世界で15位の規模であった。コーヒー輸出はベトナムの農林水産物輸出額の約10%を占めており、コーヒーはベトナムの主要な農林水産物の1つと考えられる。

ベトナムで栽培されるコーヒーの種類

ベトナムでは特にロブスタ種コーヒーの栽培が盛んである。ロブスタ種に限れば、ベトナムは世界全体のロブスタ種生産量の4割近くを占めており、世界第1位の規模だ。近年ではアラビカ種の生産量が増加傾向にあるが、コーヒー豆生産量のうち約95%はロブスタ種である。

ベトナムの地域別のコーヒー生産

コーヒー生産量が多い上位3省であるダクラク省、ラムドン省、ダクノン省はすべて南中部高原地域に位置しており、この3省にて国内のコーヒー豆生産の約8割近くを占めている。特に、ラムドン省はロブスタ種で全体の25.8%、アラビカ種で41.8%を占める一大生産地だ。

【図表】世界のコーヒー市場におけるベトナムの位置付け

【図表】ベトナムコーヒーの生産量と輸出量の動向

【図表】コーヒー産業が盛んな地域

What's VietBiz
ベトビズってなに?
Vietbizはベトナムで事業を行う、あるいはこれから行う
全てのビジネスパーソンを支援するWebメディアです。
タイトルとURLをコピーしました